HOME > 保護者様の声 > CASE 4 医学部受験コース『【医学部に現役合格】 慈恵医大、日本医大、順天堂大学医学部合格(神奈川)』

保護者様の声

CASE 4

医学部受験コース

(   )


【医学部に現役合格】 慈恵医大、日本医大、順天堂大学医学部合格(神奈川)

最終的に息子は慈恵、日医、順天堂から合格をいただきました。

アルファネクサスさんに出合う前まで通っていた医学部予備校から、現役合格は到底無理だと言われていたことを考えますと、今でも信じられない気持ちです。

息子が「予備校をやめて家庭教師1本にする」と言い出した時は、私も随分心配し、息子とも時間をかけて話し合いましたが、思い切って予備校からアルファネクサスさんに変えさせていただいて正解でした。今思えば実際に授業を受けていた息子には、どの方法が一番自分に適しているのかわかっていたのだと思います。

 

数学、英語、化学の先生方、そして教育コンサルタントの方には本当にきめ細やかなご指導やアドバイスをいただきました。高校2年生になるという春休み、先生と教育コンサルタントの方がいらっしゃったことが昨日のことのように思い出されます。

その体験授業での確認テストによって、それまで得意科目だと思っていた息子の英語と数学の土台は実はあちこちがグラグラとしており、なんとなく「勘」で解き、なんとなく正解していただけだったということを初めて知らされました。

 

息子はこの一件でかなりの危機感を感じたそうです。予備校に通っていただけでは見つけることはできなかった自分の知識の不足ぶりや力の稚拙ぶりに衝撃を受けておりました。

これ以降、英語、数学や化学、物理に対しても慎重に、論理的に取り組むようになりました。問題に正解した場合でも、解答を導き出すまでの根拠が正しいかどうかをしっかり考えるようになりましたのは、ひとえに先生方のご指導のおかげです。

3年生の夏休み中、息子は一心不乱に勉強しておりましたが、これも先生方の厳しくもあたたかいご指導に後押しされてのものでした。

 

夏休みの頑張りがなかなか結界に反映されずに焦っていた秋、息子は先生方によくメールでご相談させていただいたのもありがたかったです。

授業以外にも先生方から様々にメール等で励ましていただいたことは、とても心の支えになったと息子ともども心から感謝しております。

そして教育コンサルタントの先生による直前の面接練習も、息子にとって大きな力となりました。

なぜ医学部なのか、どういう医師になりたいのか、大学では何に取り組みたいのかといったことに対して考えの浅い息子の受け答えに対し、的確なアドバイスをくださり、いずれの面接当日も、息子は落ち着いて臨むことができました。

 

もしあのまま医学部予備校を続けていたら、自分の弱点も知らぬまま試験に臨み、浪人生として春を迎えていたことでしょう。このことを考える時、ご縁の不思議というものを感じざるを得ません。これまでお世話になりまして、本当に有難うございました。

 

医学部受験専門家庭教師コース